アニメ「この素晴らしい世界に祝福を」がおすすめなので感想を【毎週更新・ネタバレ・このすば】

      2016/03/03

4 「キサマになんでも一つ与えよう」 「じゃあアンタで」 「嫌~~~~~!」 E.A.T blogをお読みいただきありがとうございます。 きょん。(@sisyokunosinku)です。 3行でストーリーを振り返ってみたわけですが、みなさんアニメ「この素晴らしい世界に祝福を」見ていますか?そう、引きこもりだけどコミュ力抜群の無能系主人公が、有能な変態たちと出会って異世界を旅する物語ですね。(何を言ってるんだ…) いわゆる「なろう系」と呼ばれる最近「テンプレ」「テンプレ」とラノベ界隈を騒がせている投稿サイト出身な原作・暁なつめ、イラスト・三嶋くろね、わけですが文句なしに面白い!超面白い!!テンプレへの賛美は以下に。

top_lay_on「学戦都市アスタリスク」と「落第騎士の英雄譚」、なぜラノベテンプレのアニメは面白いのか
(©2015 三屋咲ゆう・株式会社KADOKAWA/アスタリスク製作委員会) 基本なくして、応用はない! E.A.T blogをお読みいただきあり...
  ということで

毎週、感想を更新します!

  こういう素晴らしい作品はみんなで「あーでもない」「こーでない」と感想を言い合いながら見ると楽しいので、毎週自分の感想を更新していくことにするよ。みんなもなんかあったら、ツイッターとかに文句ちょうだいね。 監督さんは東京レイヴンズで最後にデカデカと名前が出て「自己主張の強い監督」という謎の名称を手に入れた、金崎貴臣監督ですね。制作会社はスタジオディーン、最近だとログホラが好きだな。コミカライズも注目ですな。

 

 

最新・8話「この冬を越せない俺達に愛の手を!」

1

冬になってもお金がなく、軽装なカズマ一行。カズマの日本の唯一の思い出であるジャージを焼こうとするアクア。反撃にアクアの羽衣を焼こうとするカズマ。「だめだこのままじゃ、はやく何とかしないと…」。

カズマの言動がDV夫みたいで、辛くて見てられないという人の話をチラッと見ましたが、これは夫婦というよりもお母さんと子供、もししくは子供同士がじゃれ合ってるとみるべきなのではないでしょうか。結論、クソ面白い。

 

3

リッチーのウィズ登場。リッチーとは、死霊を操るネクロマンサーみたいな存在。魔王軍の幹部一人でもあるんですが、全く悪いことはしておらず…。

CV.堀江由衣さんで可愛い可愛い。アクアに浄化されそうになるたび、カズマが突っ込んで止めます。ここら辺は夫婦漫才みたいですな。

ウィズの登場回は端折られてしまうのですが、どこかでやってほしい。そして、新たな能力を手に入れるカズマ。「相手から魔力を吸い取ったり、与えたりできる能力」ここ重要です。

 

2

そして、ウィズの知り合いから、お屋敷を紹介される。ただし、悪霊付き。アークプリーストのアクアは余裕なのですが、カズマとめぐみんは無理。夜トイレに起きたら、横に人形が居て…。めぐみんもトイレしたくて…。

帽子取っためぐみん可愛すぎだろう。製作陣の本気を感じる。これは正ヒロインの座狙えるわ。

今回もクソ面白い回でした。

 

第1話「この自称女神と異世界転生を!」

1

8

2016年冬の覇権アニメ「この素晴らしい世界に祝福を」。

  ある日、引きこもりの主人公が意を決して、外へと踏み出した日。車に轢かれそうになった、美少女をかばおうとして、車の前に飛び出し、車には当たらなかったけどショック死する(これも最終的に更生プログラムゲームの設定だったとかだったら面白いなあ)。目を覚ますと、目の前に女神を名乗る不遜な女。イラついた主人公は異世界へ女神を持っていくことにする。 この冒頭のストーリーだけで「このすば」が非凡だということがわかりますね。しかも、持って行った女神でどうにかならない。みんな努力してお金を稼がないといけない。今のところ命の危険は感じないけど、そういう意味では今期の「灰と幻想のグリムガル」に通じるものがあります。 ただ、あくまでアニメ。シリアス過ぎず見ていてスッキリするし、変な心配もしなくていいし、掛け合いも面白いし、絵も慣れると味があって好きだし、声優の声はわざと地声っぽくすることで完璧に作品に合っている。考えていないようで、こんなに考えられている作品はないと思います。 仕事に疲れた人に何度でも見て欲しいアニメです。  

第2話「この中二病に爆焔を!」

2

44

選ばれたものにしか扱えない最強の攻撃魔法「爆裂魔法」をつかさどる降魔族の女・めぐみんの登場回。爆裂魔法への愛ゆえに爆裂魔法しか使えず、その極めた魔法の威力は抜群だが一度打つと倒れてしまう。そんな、女の子どうですか? まず、アクアっていう天然系女神を抱えて、今後どんな仲間が増えていくのだろうとワクワクしているところにコレですよ。「全く作者わかってるぜ」。ツッコミは完全に主人公の役目と言うことですね。わかります。 中二病だけど、どこか常識人で、やっぱりおかしくて。普通、あとから仲間になるやつって徐々になじむはずなのに、最初から居たみたいなんだよな。 主人公の変態集めスキルから今後も目が離せません。

 

第3話「この右手にお宝(おパンツ)を!」

22

1 「スティーーール!」ついに特殊能力を手に入れた主人公・カズマ。その手につかんだものはパンツだった。あとドMの女騎士。 今回はいじめられるのがたまらなく好き、どんな言葉も、攻撃も脳内変換で余裕な女騎士・ダクネスの登場回。ええ、わかってましたよ、また変態が仲間になることは。 女神アクア、前回のめぐみん、そしてダクネス。みんな上級職の頭おかしい人と言う点で共通していますね。それをまとめる「無能な」主人公。 「このすば」の見ていて気持ちのいいところは共感できる主人公像にあると思うのですが、一見無能に見えて圧倒的な「マネジメント」能力。「幸運の値が異常に高い」と最初に言われていましたが、カズマって管理者としての能力が高いですよね。現実世界でも人を使う能力と、自分が持っている技術力は別の話です。その点で有能。 ちゃっかり、大量のキャベツを手に入れてお金持ちになったあカズマの今後に期待です。

 

第4話「この強敵に爆裂魔法を!」

6

5

「エクスプロ―ジョン!!」めぐみんは爆裂魔法を唱えた、城が崩れ去った。 ある日、町の周辺に「魔王の手先」が現れ、その力の強大さに魔物たちが隠れてしまい、クエストの数も激減してしまった。突然暇になったカズマ一行は各々の日常を送ることに・・・。 「カズマ練習に付き合ってくれませんか」 「なぜ俺が?」 「誰が私を持って帰るんですか?」 めぐみん運び役として、爆裂魔法の練習に付き合うことになったカズマ。適当な廃城を見つけ、魔法を打ち込み続ける日々。芽生える友情。いや~良い回ですね。そこが「魔王の手先」の住処だったこと以外は。 激おこになった「魔王の手先」デュラハン。さあ、どうなるカズマ一行!! デュラハンと言えば、「デュララララ」ですが、今回は男なのです。

KV_ten【デュラララ】デュラハンとミロのヴィーナスの共通点が面白い、人間の想像するものが一番美しい
ヤスダスズヒトさんの絵が好きすぎる。 E.A.T blogをお読みいただきありがとうございます。 きょん。(@sisyokunosinku)です...
  まあこんな感じなんだが、やっぱり単純にキャラが全員好きだ。みんな個性的で、その個性と個性が掛け合った時にすでにテンプレ、鉄板のやりとりがあって視聴者の期待にしっかりストーリーで答えてくれる。欲しい所にボールが来る気持ちよさ。掛け合いの面白さで言えば、「化物語」のような面白さか。
index年間50作品みる俺がおすすめするアニメランキング【今期アニメも随時更新中】
おすすめアニメまとめました。(以下、注意点) ・2000年以降のアニメで、今まで見たものをランキングにしました。 ・量...
  重厚でその世界に没入できるような面白さも好きだけど、異世界なんだけどどこか現実的で、「こんな牧歌的な日常を送りたい…」と思わせてくれるアニメ「このすば」の存在は貴重だと思う。疲れた時にしっかり見て、明日への力を付けさせてくれるそんなアニメになりつつあるわあ。  

第5話「この魔剣にお値段を!」

あああ

45

ある晴れた 昼さがり いちばへ 続く道 荷馬車が ゴトゴト 子牛を 乗せてゆく かわいい子牛 売られて行くよ 悲しそうなひとみで 見ているよ ドナ ドナ ドナ ドナ 子牛を 乗せて ドナ ドナ ドナ ドナ 荷馬車が ゆれる 女神が檻に入れられて、湖へとひたされる。いまだかつてこんな絵面があっただろうか。 お 金の無くなったアクアは高難度のクエストへと挑むことを提案する。その内容は「湖を浄化すること」(凶悪なモンスター多数出現)。水をつかさどる神である アクアなら水に触れていれば浄化できる。なら、「檻に入れれば安全でいいんじゃね」。天才?主人公による提案によって女神が湖へとひたされる。 今回はアクア回。まず、この発想が天才なんだが。完全にひとでなしの発想ですよね。それによってアクアが檻にこもってしまう。主人公の「昔の俺みたいだな」発言も聞けて満足な限りです。 人の回では遠慮して爆裂魔法を控えるめぐみん。そして、突然現れる魔剣グラムを操る主人公っぽい男。それに生理的嫌悪感を抱くダクネス。カオスですね。 やっぱりカズマ以外にも異世界に送られて人は多数いる模様。そして、決闘挑まれ、あっさり応じるカズマ「スティーーーール!」。カズマは魔剣グラムを手に入れた。そして速攻売った。 主人公のすがすがしい程のクズ具合と、現実的な判断に共感の嵐です。最近のアニメにめずらしく、恐ろしく共感できるんだよなあ。周りの反応もカズマ贔屓で気持ちがいい。 来週もたのしみだよ。

 

第6話「このろくでもない戦いに決着を!」

あああああ

6

1 週間放っておいたデュラハンが現れて、激おこで・・・。 原因は画像の通り、めぐみんです。「硬くて大きいものじゃないと満足できな体に…」はい、爆裂魔法を打つ対象がですね。なんだかんだあって、デュラハンの 頭をもてあそんで勝つのですが、ダクネスが可愛い!茅野愛、かやのん最高!!このキャスティングをした音響監督を褒めてあげたい。 「これは私が望むタイプの羞恥プレイとちがうんだにゃ…」、惚れてまうやろーーー! まさかのダクネス回でしたね。そして、カズマが魔王討伐を決意すると。カズマに引きニートの要素って皆無なんですが、まあそんなことはどうでもいいんで す。相変わらず面白いなあ。すでに2期やってほしい。

 

 

7話「この凍えそうな季節に二度目の死を!」

23

みんながふざけてたらカズマが死んだ。お金が無くなり、借金もあるカズマ一行は安全で高収入のクエストを求め、「雪精狩り」へ。簡単なクエストには裏があり、突然現れたモンスター「冬将軍」にカズマが首を落とされる。

カズマ復活後のみんなの泣いて抱き着くところが、愛され具合がわかって最高。神回でした。やっと正ヒロインも出てきたしな。

カズマが死んだ描写も「このすば」らしく、重くない。とにかく娯楽作品として、日常の辛さや大変さは描きつつ一線を越えない感じが大好きです。やっぱ今期ナンバー1だな。

—————————————————————- いかがだったでしょうか?アマゾンランキングも2桁くらいで安定していて、売れてるみたいですね。嬉しい。良作アニメがちゃんと売れることが、アニメ業界にとっていいことだと思う。援護になるかわからんが、感想書こうっと。それでは~~。 ※画像は公式サイトより、© 2016 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会

 - 全ジャンル