【ノイタミナ開始】「すべてがFになる」次回が気になるので、とりあえず感想を書いてオススメする

   

車の質感がヤバい。

E.A.T blogをお読みいただきありがとうございます。
きょん。(@sisyokunosinku)です。

今期もノイタミナが始まりましたね。最近あまり見てなかったのですが、今回はベストセラー小説の「すべてがFになる」ということで、期待大。

これは見るしかないですね。ほい、FになるのPVです。

 

 

ということで

今回は1話を見た感想を書くよ!

 

OP・EDがいいね!

 

 

これは超重要。物語に気持ちを盛り上げて、入らせてくれるかどうかで、評価が変わってきますよね。

曲はもちろん、映像にもこだわってる。らしい。

 

本作のOP映像に「Perfume」、「サカナクション」のMVのディレクションを担当し、最近では全編ワンカット映像での撮影で話題を読んだOK Goの「I Won’t Let You Down」を手がけた、今、最も注目されている映像クリエイターの一人、関和亮氏を抜擢!
実写映像をトレースしてアニメーションを表現する「ロトスコープ」手法で、自身初となるアニメ作品のOP映像を担当します。

さらに、ED映像には「みみめめMIMI」、「group_inou」らのMVやモーショングラフィック、WEBデザイン等を手がける新進気鋭のアーティス ト橋本麦を起用。全編プログラミングを用いて生成された「ジェネレイティブ・アート」と呼ばれる斬新な手法で、アニメの世界観を印象的に表現します。

 

確かにキレイで良いOP、ED。こういうところにまでこだわってくれると嬉しいですよね。

ただアニメ好きが好きな盛り上がる曲、OP・EDではないかもしれない。見ながら思わず口ずさむようになるかなあ。

 

絵はリアル路線で、ノイタミナらしい

 

浅野いにおさんの絵ってノイタミナに合いますね。

1話目はキャラの人物紹介ですね。各キャラ色々ありそうで面白そう。堀江由衣さんのキャラが珍しくビッチ可愛くて期待してます。

作画としては人物の感情を表すような寄りの絵をあまり使わず、引きの絵を使って登場人物の距離感、関係性を淡々と描いていた印象。

3話までみないと何とも言えんのですが、強烈な引きがあったわけではないですね。ただここで離脱してしまうのは絶対もったいない。そう感じさせてくれる丁寧な作りでした。

 

スポンサーリンク

//

 

最近は余裕のあるアニメが増えたなあ

 

 

テレビと小説、そしてラノベの作り方ってそれぞれ違うと思うのですが、テレビって1話が面白くないと視聴者が次見てくれないじゃないですか、そういう意味ではすごく短い時間で面白さを見せなきゃいけない。

今期は、テンプレと言われるようなラノベ展開(僕はテンプレ大好きなのですが)のアニメが多いですが、あれって1話に強い引きがあるんですよね。女の子が着替えてるところに出くわす。主人公が実力の片鱗を見せつける。今後の目標が示される。

作りとして、とてもわかりやすく、次を見たくなる。

そういう意味ではノイタミナ枠は無理に面白さを、1話に詰め込まない。それだけノイタミナ枠のブランド価値が高まったということですかね。

———————————————————————————

次回に期待。それでは~~~。

 - マンガ・アニメ