【逆に良い】原作漫画とアニメの内容が大幅に違った作品をランキング形式でおすすめする

   

oa2-3

 

原作と違うと2度楽しめる。

E.A.T blogをお読みいただきありがとうございます。
きょん。(@sisyokunosinku)です。

原作読んでからアニメ見ちゃうと、どうしてもあそこ削られてるとかって思って楽しめませんよね。だから、アニメ化が決まってる作品だと意図的に原作買わないようにしますもん。

ただ、原作を基に大幅にストーリーを変えて、しかもアニメが面白いと最高ですよね。

 

今回はそんな最高なアニメをご紹介!

 

どれも原作、アニメともに楽しんでもらえたらな、と思います。

 

スポンサーリンク

//

 

けいおん!

 

top_img

春、新入生がクラブを決めるころ。田井中律は幼馴染の秋山澪を連れて軽音部へ見学に行く。
しかし部員全員が卒業してしまった軽音部は、あらたに4人の部員が集まらないと廃部になってしまうという。
琴吹紬という仲間を加えて、最後の一人をさがしているころ、軽音部を「軽い音楽」と勘違いしていた楽器未経験者・平沢唯が部室にやってくる。
毎日部室に集まって、みんなでおかしを食べたり、おしゃべりしたり…けいおんを始めた女子高生たちの青春が今幕を開ける! ?

 

こんなにも素晴らしい原作改変あるっ!?

あ~~、また見たくなってきた。けいおんが好きかどうか、我慢できるかどうか。最後で鬱になるかどうかで、アニオタかどうかがわかる気がする。

アニメだからこその魅力。音と演出と、日常。すべてが完成されていて、気取っていない。

原作からは当時斬新だったであろう、コンセプトを頂戴し、それをアニメ文脈に拡大解釈。

京アニすごすぎだろう…。

 

喰霊 零

 

295384-aliya06

 

愛するものを、愛を信じて殺せるか
月刊「少年エース」で好評連載中のノンストップ放課後退魔アクション「喰霊」のTVアニメ化――「喰霊-零-(がれい-ぜろ-)」――

憎しみに揺れる魂を目覚めさせたのは誰?それは――闇の街を彷徨う、哀しみに暮れる迷い人。運命の絆で繋がれた二人は――
――宿命の鎖を断ち切り、悪霊を討つ

 

これ脚本が高山カツヒコさんなんだなあ。こういう、その道ですごいと言われるような人になりたい。

まあ漫画の前日譚みたいな感じなので、原作と違うっていうのはおかしいのですが。入りがすごい演出で驚かされた。「この見せ方はずるいだろっ」って感じ。

アニメってどうしてものめり込むまでに時間がかかちゃうことが多いのですが、この導入はアニメ業界でも指折りなのではないでしょうか。

零に比べると、原作はサクサク読めるんだよな。零は話が重い。

 

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

 

oa2-2

 

2039年、人類は温暖化に伴う急激な海面上昇により、地上での版図を大きく失った。
それに呼応するかのように、霧を纏う謎の軍艦群「霧の艦隊」が世界各地の海洋に出現、搭載した超兵器で人類の艦を攻撃し始めた。
人類は持ちうる戦力を投入し、最終決戦「大海戦」に臨むも、「霧」の圧倒的な武力の前に脆くも敗れ去った。
すべての海域、運搬経路を「霧の艦隊」によって封鎖され、政治経済は崩壊、人類は疲弊の一途をたどっていた―――――――
「大海戦」から7年。
士官候補生・千早群像の前に現れた「霧の艦隊」の潜水艦「イ401」。
敵であるはずの「イ401」、そのメンタルモデル「イオナ」との出会いは群像に、そして人類に何をもたらすのか?

 

これは本当に面白かった。最近話題のセルルックだっけ。かなりうまくハマってた。

やっぱり機械のカッコいいアニメだと合うよね。シドニアも良かったし。

12話で終わりと決まっていたんだろう。そこに合わせて徐々に原作を変えた感じ。ただ全く違和感ない。物語の根幹は一緒で、別物としてしっかり面白い。やっぱり岸誠二さんって天才だわ。上江洲誠さんとのコンビ最高。

原作を忠実に再現するのがものすごく得意な印象だけど、短くしたり、ゲーム原作とかでも、問題なく物語を流す。違和感ゼロ。今度監督まとめ書こうっと。

あとラジオも好き。山本響さんは今後売れると思う。舞さんとぬーさんも最強。

【ランキング】アニメラジオ歴6年の俺がオススメするベスト44(最高に面白い無料webラジオ)

 

東京喰種トーキョーグール√A

 

32b72ffc-s

 

、2周目。」

人間の死肉を喰らう怪人“喰種”が潜む街――東京。
大学生のカネキは、ある事故がきっかけで“喰種”の内臓を移植され、半“喰種”となる。

人を喰らわば生きていけない、だが喰べたくはない。
人間と“喰種”の狭間で、もがき苦しむカネキ。
どちらの世界にも「居場所」が無い、
そんな彼を受け入れたのは“喰種”芳村が経営する喫茶店「あんていく」だった。
そしてカネキは自らが“喰種”と人間、
ふたつの世界に「居場所」を持てる唯一人の存在であると知る。
互いが歪めた世界を正すため、
カネキは“喰種”と人間の想いが交錯する迷宮へと立ち入るが…。

――僕は“喰種”だ――

全てを守れる「強さ」を欲したカネキが取った究極の選択は、
自らの人間的な部分を葬り“喰種”として生きることだった。
走り出してしまった決意。暴走する優しさ。
強さ」の果てに、カネキが見たものとは…?

 

原作者・石田スイが紡ぎ出す、もうひとつの「東京喰種」が幕を開ける。

原作と違うと話題になってましたね。超売れてる原作なのに、2期から違うことやるってう試みが面白い。

しかも原作者がちゃんと関わってるという。アニメに対する愛を感じますね。

なんか大量制作、大量消費の歪な業界に疑問を投げかけるような作品だなあ。

—————————————————————–

いかがだったでしょうか?今回紹介したのは原作もアニメも最高に面白いので見てみてね。それでは~~~~。

 - マンガ・アニメ