【ラブライブ劇場版】アイドルアニメが大人気の理由は「成長」と「処女性」が絶妙だから

   

keyv7

ラブライブ劇場版の進撃が止まらない。

E.A.T blogをお読みいただきありがとうございます。
きょん。(@sisyokunosinku)です。

すごいですねラブライブは。

現時点で3週連続の動員数ナンバー1.

マッドマックスや海街Diaryを抑えての1位です。

しかし、海街は女子人気の高い漫画だと思うのですが、

なぜ女性陣にお金を使ってしまったのか…。

福士蒼汰君とか出しとけばよかったのに。

スポンサーリンク

//

まあそれは置いておいて、

ラブライブはすでに14億円目前ということで、20億円もいくんじゃないかと。

これにともなって色々な媒体が魅力を語っているのですが、

実はアニメが始まりじゃなかったのだ~とか、

歌がすごいんだ~とか、

色々なメディアミックスがされてるんだ~とか、

が多くて個人的にあまりしっくりこなかったので、

僕の思うアイドルアニメが売れる理由を書きたいと思います。

アイドルが受け入れられる土壌があった

ま、説明不要ですがリアルアイドル、AKB48が化け物的な活躍をしている今、

アイドルが流行る土壌はあるわけです。

これはモー娘。でもおニャン子クラブでもそうなのですが、

いつの時代もアイドル=偶像は世の中に必要とされているわけですよ。

そしてアイドルに大切なのはストーリー、そう

アイドルには成長性が必要だっ

AKBも売れない時代から劇場での下積みが、

モー娘。、おニャン子には激しいオーディションを勝ち抜いて、

徐々にアイドルグループとして成長していった過程がありますね。

ラブライブもここが非常に緻密に描かれています。

僕はアイマスのいわゆるPでもあるんですが、

img_top2彼女たちも売れない下積み時代や、

それぞれが抱えるトラウマからの成長が描かれていますよね。

アイドルアニメが売れるにはこの下積み期間が描かれていること、

そしてそこからファンが引き上げてあげた感が非常に重要になってくるわけです。

余談ですがアイマスの劇場版は興行収入4億円ほどだったので完敗ですね・・・。

悔しい。決して少ないというわけではないのですが。

話がそれましたが、アニメアイドルにはその点で次の強みがあります。

精神的に成長するのに、肉体的に成長しない

「劣化した」とてもひどい言葉ですが、

リアルアイドルの方の宿命ともいえる現象ですね。

そして「卒業」。こちらもリアルアイドルの宿命でしょう。

しかし、アニメアイドルは精神的な成長ほど、肉体は成長しません。

当然ですね。

もちろんアニメも時間が経過しますが、

それでも見た目が変わったりしませんし、

視聴者よりはずっと遅く時が進んでくれます。

自分が応援していたキャラが居なくなったりもしませんし。

この安心感はかなり強みだと思います。

新参古参が争うことなく同じアイドルを愛せるのです。

そして、処女性は永遠に保たれる

アイドルのゴシップが世間で話題になるのは、

それだけ世の中がアイドルに清廉さを求めているからだと思います。

日テレのアナウンサーも真っ青な無茶ブリですね。

リアルアイドルは人間です。

そんな無茶を求められてもいつかは夢破れます。

しかし、アニメアイドルはそんなことは起こりません。

アニメ上では男と接触することすら稀です。

この清廉さはもうアニメ上でしかありえないのです。

ありえないからこそ男どもは挑み敗れていく理想なのです。

この点でアイドルアニメは処女性を強く求める日本のオタク文化には、

完全にフィットしているのでしょう。

まとめ

つまり成長性と処女性がアイドルアニメの人気を支えているのではないかと、

勝手に思っております。

まあ単純にストーリーが面白いですよね。

声優のラジオとか聞き出すとさらにハマりますよね。

アイドルアニメ好きはハッピーエンド好きだと思います。

アニメに理想を求めているのです。自分では出来なかったことをしてほしい。

子供を思う親みたいな感じですね。

はいっ、気持ち悪い。

以上(異常)でした~~。

 - マンガ・アニメ